i-Construction(アイコンストラクション)とは

国土交通省による生産性向上を目的とした
ICT技術活用の取り組み

国土交通省主導のもと、建設現場における生産性を向上させ、魅力ある建設現場を目指す取り組みが2016年度よりスタートしました。
現在では、様々な課題への改善を図りながら、より良い仕組みの構築に業界全体で取り組んでいます。
今後は、地方自治体におけるICT活用拡大や、中小企業への展開のための支援を通じて、i-Constructionの普及を推進します。

i-Constructionとは

国土交通省が推進するi-Constructionは、全ての建設生産プロセスでICTや3Dデータ等を活用し、
2025年までに建設現場の生産性を20%向上を目指す取り組みです。

建設現場の生産性を向上させることで企業の経営環境を改善し、
建設現場で働く人々の賃金水準の向上、安定した休暇の取得、安全な現場など、
建設現場の働き方改革の実現を目指します。

i-Constructionの目指すもの

一人一人の生産性を向上させ、
企業の経営環境を改善

建設現場に携わる人の
賃金の水準の向上を図るなど
魅力ある建設現場に

建設現場での死亡事故ゼロに
安全性の向上

「きつい、危険、きたない」
から「給与、休暇、希望」を
目指して

新3K

3つのトップランナー施策

ICT技術の全面的な活用

規格の標準化
(コンクリート工)

施工時期の平準化

加速するICT技術の活用推進

起工測量

面計測による起工測量
  • ① 基準点の設置・確認、杭の復元
  • ② 標定点設置(UAV使用の場合)
  • ③ 3次元現況計測

従来の手法では、必要最低限の地形や地物の変化点を計測し、平面図や断面図などの2次元図面による管理が行われてきました。
i-Constructionでは、高密度な点群データを計測し3次元モデル化、「面」として地形を捉え、よりリアルに現況を把握できます。
これにより、現場にマッチした3次元設計を行うことが可能で、工事の生産性の向上につながります。
「面」データの取得には、まずトータルステーションやGNSS測量機で現場の基準点や標定点を設置することから始まります。計測には、3DレーザースキャナーやUAVなどを用いて点群を取得します。

設計

3次元設計図面作成
  • ① 点群データ処理
  • ② 3次元設計データ作成(2次元設計図面からデジタル3次元化)
  • ③ 3次元設計データと3次元現況データの差分から施工量(切土/ 盛土)を自動算出
  • ④照査・設計変更

i-Construction では、3次元設計データが必須となり、2次元設計図面から3 次元化が求められます。
3次元の現況データと3次元設計データがあれば、差分の比較が容易で、切り盛り土量を視覚的に表現できます。
これにより、精度の高い設計との照査が可能になります。

施工

ICT施工
  • ① ICT 建機による施工
  • ② 3次元設計データとの比較による出来高管理・進捗管理
     ・3次元測量データによる出来高管理
     ・ICT 建機の施工履歴データによる出来高管理

i-Construction では、GNSS測量機やトータルステーションによる位置情報から建機のブレードやバケット位置を算出し、3次元設計面とリアルタイムに比較できるICT建機を用いて施工します。
ICT建機には、設計面とブレードまたはバケットの位置の差を表示するマシンガイダンスと、比較差分からブレードまたはバケットの位置を自動的に油圧制御するマシンコントロールがあります。
ICT建機を使用することにより、施工品質の安定、施工効率の向上、熟練者不足の解消など様々な効果があります。

検査・維持管理

面管理による検査
  • ① 3次元出来形計測
  • ② 3次元の設計データと出来形計測データの差分から出来形ヒートマップを作成
  • ③ 電子納品
  • ④ 工事完成時の実地検査

従来の出来形計測は、特定の横断面上で設計データと施工後の差分を調べるもので、レベルやテープによって行われていました。
i-Constructionでは、出来形と設計データとの差分比較を「面」で行います。この作業はトータルステーションやGNSS測量機のほか、3DレーザースキャナーやUAVを用いて点群データを取得し、出来形の良否を色別に表現したヒートマップで管理します。
納品は、電子データを成果物として納品します。

道路補修(ICT切削オーバーレイ)
  • ① 3次元現況計測
  • ② 3 次元計測データと、完工時の出来形または設計の差分から切削・舗設

道路や橋梁、トンネルなどの維持管理にもICTを活用します。例えば、道路は経年劣化により修繕工事を繰り返す必要があります。
切削オーバーレイのICT化により、道路メンテナンスの生産性を向上させることができます。

今こそ現場イノベーションのチャンス!
トプコンのICT技術活用への対応

トプコン ICT対応製品

生産性向上を支援する製品群

トレーニングセンタ
全国4ヵ所完備

ICT製品・ICT建機
を実感できる場

ビジネスパートナー

全国地域密着の
安心・強力な
サポート体制

充実の教育プログラム

各種スキルアップ講習で
人材育成を支援

CONTACT
(建設戦略会議)
への参画

地方自治体への普及促進
活動、
ノウハウの共有

i-Construction を始めるには

STEP 1
ICTはじめの一歩 ~3Dデータの作成と利用~

平面・縦断・横断図といったデータから3D設計データを作成することで、現場のICT化の第一歩を踏み出せます。
簡易なワンマン測量機と3D設計データを入力した専用コントローラの組み合わせは、従来の測量よりも直感的に分かりやすく、簡単な誘導による杭打ちが可能となり、現場の生産性アップを図れます。

無料体験会へ
STEP 2
本格的な3Dデータの利活用 ~現況を“面”で把握~

従来は“点”を計測するに過ぎなかった測量が、3DレーザースキャナーやUAVによる点群データの取得により、現況を“面”として把握できます。
現場の点群データを取得すれば、どこでも好きな箇所の計測結果が得られるため、現場への行き来も減って生産性向上に繋がります。

ICTスキルアップ講習会へ
STEP 3
ICT建機の運用 ~丁張なしのICT施工~

3DデータによるICT建機の運用により、丁張なしで施工が行えます。重機オペレーターは、3Dデータを参照しながら施工を行うことで、従来発生していた手戻りを大幅に削減し、安全性の高い作業が可能です。

ICTスキルアップ講習会へ

CONTACTはi-Constructionの普及を推進します

CONTACTは、地方自治体におけるi-Construction普及推進を図るため、普及への課題を理解し、
解決へ向けた活動を行っています。
i-Constructionの導入に課題をお抱えの方は、ぜひ私たちにご相談ください。

CONTACTとは

関連リンク集

i-Constructionに関する機関や要領など、
各種情報のリンク集を提供しています。

詳しく見る

優遇税制・補助金制度

測量機器やICT製品をご購入する際に利用できる、
優遇税制・補助金制度についてご案内いたします。

詳しく見る

※出典:国土交通省ホームページ
※ i-Constructionは、国土交通省国土技術政策総合研究所の登録商標です。