建築のデジタル化とは

ICT技術活用による建築のデジタル化への
取り組み

内閣府は、「Society5.0」の建設業における生産性を2025年までに20%向上させる目標を掲げています。
そのような中、建設工事のワークフローを一元管理する「建設工事の工場化」が進められています。
建築分野においてもBIM(Building Information
Modeling)の導入により、
設計(バーチャル)と
施工現場(リアル)を3次元データで結び、
デジタルツイン化することで効率的な管理を
目指しています。

トプコンでは、3次元デジタル測量機やICT自動化施工
システムをはじめとするソリューションで
設計と施工の工程を橋渡しし、建設現場のDX革命の実現に
取り組んでいます。

※ Society5.0:仮想空間と現実空間を高度に融合させたシステムによ
り、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会。

トプコンの事例紹介

建設現場のDX
(デジタルトランスフォーメーション)革命
『トプコンオプトネクサス 工場新設プロジェクト』

トプコン 建設現場のデジタルコンストラクション事
例『BIM進化論 ~ICTが示した可能性~』

株式会社トプコンと大和ハウス工業株式会社は、
2020年10月に竣工した株式会社トプコンオプトネクサスの先進的光学部品工場(福島県田村市)の
建設において、BIMによる設計に始まり、敷地調査、基礎工事、鉄骨工事、本体工事、外構工事等の工程で、両社の先進技術を導入し
「建設現場でのデジタルツイン」を実現しました。
ここでは、竣工までの軌跡として、建設工程において導入したデジタルコンストラクションの実施事例をご紹介します。

建設現場でのデジタルツインを実現 建設現場でのデジタルツインを実現

採用された主なデジタル施工例

測量プロセス

3次元デジタル測量機を
使った墨出し

施工プロセス

ICT自動化施工システム
による作業の
プロセス管理と
品質の均一化

検査プロセス

3次元レーザースキャナー
による
品質チェック

ワークフローと
活用されたソリューション

BIMで設計

BIMモデルを活用した
施工管理計画

BIMによる3次元モデルを作成し図面を生成、そこに情報を入れ、施工計画、進捗管理を実現。

外構・造成工事

ICT建機を活用した
造成工事

ICT建機(ドーザー)を活用することで、杭の設置や高さ確認が不要なため、大幅な工期短縮を実現。

基礎工事

「杭ナビ」を活用した
杭芯出し作業

従来は2人1組で一日最大150ヶ所程度の作業であったが、一人で最大300ヶ所の杭芯出しを実現。

ICT建機を活用した
根伐工事での掘削深さ管理

従来は掘削し均した後に2人1組で高さ管理を行っていたが、ICT建機で高さ管理をすることで確認作業の回数が大幅に削減。

鉄骨工事

「杭ナビ」を活用した
鉄骨の建て入れ作業

従来は2方向から2台のセオドライトで行っていた作業であったが、杭ナビ1台でリアルタイムに位置確認をしながらの作業を実現。

土間工事

ICT建機を活用した
土間路盤仕上げ

路盤の仕上げ精度が床コンクリートの仕上がりに大きく影響するため、ICT建機を活用することでかつてないほどの仕上がり精度を実現。

土間工事

レーザースキャナーを
活用した平坦性の確認

従来は3mピッチ程度でしか管理していなかったが、レーザースキャナーを活用することで点群による面管理を実現。

「杭ナビ」を活用した
床コンクリート墨出し

従来はコンベックスと墨壺によるアナログ作業であったが、杭ナビを使用しデジタル化することで作業精度の向上を実現。

土間工事

ICT建機を活用した
土間路盤仕上げ

路盤の仕上げ精度が床コンクリートの仕上がりに大きく影響するため、ICT建機を活用することでかつてないほどの仕上がり精度を実現。

レーザースキャナーを
活用した平坦性の確認

従来は3mピッチ程度でしか管理していなかったが、レーザースキャナーを活用することで点群による面管理を実現。

「杭ナビ」を活用した
床コンクリート墨出し

従来はコンベックスと墨壺によるアナログ作業であったが、杭ナビを使用しデジタル化することで作業精度の向上を実現。

設備検査

レーザースキャナーを
活用した設備部材の管理

天井や壁で隠れてしまう前にレーザースキャナーで3次元計測することにより、作業のエビデンスを残すことが可能となる。

点群データと
設計データの比較

レーザースキャナーで取得した点群データと設計データを比較することで変更箇所を抽出でき、竣工図へのフィードバックが可能となる。

外構工事

ICT建機を活用した
外構仕上げ

駐車場などの外構も、ICT建機を活用することで早くきれいな仕上がりを実現。

完成

竣工

建築分野で活躍するトプコンのソリューション

トプコン製品は、建設現場で幅広く業務にご活用
いただいておりますが、
なかでも建築分野にスポットを
当ててご紹介します。

Layout Navigator LN-150 杭ナビ

レイアウトナビゲーターLN-150は、誰でも簡単に杭打ちや墨出しがワンマンで作業できる3次元測量機です。

  • ・自動整準で簡単設置
  • ・スマホやタブレット端末での簡単操作
  • ・超高速レスポンスの墨出しナビゲーション
  • ・多彩な現場アプリケーションに対応
詳しくはこちら

建築現場向けワンマン位置出し誘導アプリ 楽墨

レイアウトナビゲーターLNシリーズ(LN-100 / LN-150)を、建築現場で活用いただくためのiOS/Android用のソフトウェアです。住宅基礎工事で必要な地縄・配置・遣り方設置などを、「ひとりで、1 台で、誰でも簡単に」行えます。

  • ・現場の省力化/工期短縮
  • ・配置ミス/施工ミスを防止
  • ・施工結果をデータで残せる
詳しくはこちら

3D-MG LPS ショベル X-M3x LN 杭ナビショベル

杭ナビショベルは、レイアウトナビゲーター LN-150をセンサーとし、小型ショベルにも装着可能な3Dマシンガイダンスショベルシステムです。
「ICT施工」と「測量」の兼用ができ、普段使いのICTが実現します。

  • ・小規模工事に最適
  • ・床掘は杭ナビショベル、側溝の設置は杭ナビで丁張りレスを実現
  • ・掘削深さをオペレーターが確認しながら一人で施工が可能
  • ・土間の敷き均しをバケットで高さ確認しながら作業可能
詳しくはこちら

Laser Scanner Total Station GTL-1000

GTL-1000は、レーザースキャナー搭載型トータルステーションで、施工現場で3D点群データの取得(3Dモデル作成用のデータとして)とトータルステーションを利用した測量や墨出しが同時に行えます。

  • ・建築における土地の形状や外装・内装の現況調査
  • ・既存設備・配管の3Dモデルを作成し、設計・シミュレーションで活用
  • ・墨出し、杭打ち
  • ・3D/BIMモデル作成
  • ・品質管理、検査業務 等
詳しくはこちら

ClearEdge3D

ClearEdge3D製品は、BIMの推進を強力に支援する3Dデータ処理ソフトウェアです。

  • ・BIMモデル作成支援ソフトウェア『Edgewise』
  • 現況3D点群データから自動抽出機能でパイプ・構造・壁のBIMモデルを作成支援。
    Autodesk® Revit® など様々なBIMソフトウェアとのデータ連携。
  • ・建築向け品質管理ソフトウェア『Verity』
  • BIMモデルと出来形3D点群データを自動比較し、施工精度を可視化。
    Autodesk® Navisworks® のアドオンソフト。
  • ・平坦性解析ソフトウェア『Rithm』
  • 3D点群データから基準面に対しての平坦性を効率よく正確に検査。
    Autodesk® Navisworks® のアドオンソフト。
詳しくはこちら

紹介動画

建築分野で活躍する製品群の動画をご覧いただけます。
建築のデジタル化を支援するソリューションがここにあります。
ぜひご覧いただき、皆様の業務にお役立てください。

YouTubeチャンネルへ